これは職場仲間に聞いたその人の家庭での話です。

その日は仕事でホントに嫌な事があって悩みながら帰ったそう。

家に帰ってもずっともやもやしている。
ご飯食べててもそのことを考えてしまうし、嫌な気持ちがずっと続いていました。

もうホントに嫌になってしまい、今まではそんなことしたことは無かったんだけど、小6
の子供に相談してみたんだそうです。

 

親「ねえ、今仕事で嫌な事があって悩んでるんだけど、○○は嫌な事があったときにはどう
してる?」

子「それはね、嫌な事を考えるんじゃなくていいことを考えればいいんだよ。自分が好き
な物があるでしょ。そのことを考えて、ああ楽しいなって気持ちにすればいいんだよ。」

 

実にシンプルな回答だったようですが、こう言われたことで「なるほどね!」ととてもす
っきりとした気持ちになれたそうなんです。

1度は気分も晴れたAさんですが、明日の準備をしたりしているとまたまた嫌な事を思い
出して気分が落ち込んできました。

 

そこで子供にまた相談してみました。

 

親「明日も仕事かって考えると、なんだかまた嫌な気持ちになってきてしまっているよ。
どうしたらいいかなー?」

子「あのね、「明日」っていう字はどう書くか知ってる?「明るい日」って書くんだよ。
だから明日はきっと明るい1日が待っているんだよ。」

 

すごくないですかこのポジティブな気持ち!!

Aさんはもちろん、この言葉を聞いてとても心がすっきりした気分になり、いっぱいパワ
ーを貰うことが出来たそうです。

 

誰にでも悩んだりすることはありますよね。お子さんがいる方はちょっとだけ悩みを相談してみると、いっぱいパワーをもらえるかもしれませんよ。

 

 

スポンサーリンク