私は初めての海外旅行のため、パスポートを取得しました。
パスポート取得のため、私が行ったことなどをお教えします。ぜひ参考にしてみてください。

 

パスポート取得に必要なものと注意点

必要書類

・申請書
・顔写真
・収入印紙 10年用(14,000円) 5年用(9,000円※12歳以下は4,000円)
・都道府県収入証紙 10年用・5年用ともに2,000円

※収入印紙は郵便局、都道府県証紙は銀行で購入します。

注意点

・申請書は本人の自筆(子供でもできる限り自筆)
・写真は審査が厳しく、にやけているものなどはNG
・10年用と5年用がある。(20未満は5年用のみ)

 

パスポートを申請した時の様子

私の地域ではパスポートは市役所にて申請を行う為、まず市役所の担当窓口へ行きました。
市民生活課の担当者にパスポートの申請をしたいと伝え、申請用紙を受け取りました。受け取った時、担当の女性職員から次の注意事項がありました。

・お子様の分もお子様の自筆でお願いします。
・写真は審査がきびしいため、必ず写真館で撮ってください。
・受け取りの際は必ず本人が来てください。

なんだか難しそうだぞと思いながら注意事項を聞き、申請書類をもらってその日は帰宅しました。

自宅に戻ると、早速申請書を書き始めました。初めてですのでとてもウキウキした気分です。
自分の分を書き終え、子供たちにも記入してもらいなんとか仕上げることができました。

翌日は写真館へ行き、写真撮影です。1歳の息子も一人で写真を撮らなければなりません。
無事に撮れるのか心配していましたが、息子は心配をよそにキョトンとした顔で一発合格です。

後日、写真と書類を持って役所に提出しました。

 

申請書類に不備があり戻されてしまった。

自信満々で提出した書類ですが、子供の分と、なんと私が書いたものとで2枚が差し戻しされてしまいました。
小学2年生の子供なのですが、文字を大きく書いて枠からはみ出してしまうため、私が鉛筆で薄く下書きをしていました。
それを指摘されて戻されていたのです。なるほど、私の考えが甘かったようです。

私の分はというと、文字の一部が太くなっているところがあり、上から2重書きしたのでは?と捉えられるための差し戻しでした。

パッと見はそれほど気にならないのですが、言われてみるとそういう風にも見える。市役所の担当者も2重書きでないのはわかるのですが、書き直しておいたほうが無難です。と話していました。

結構厳しいものです。

この2枚は最初からすべて書き直すことになりました。

 

無事にパスポートを受け取り

作成した申請書を再び市役所へ提出し、無事に受理していただけました。
担当の女性職員から、「2週間ぐらいで発行できます。」との説明がありました。
離島である為、少し時間がかかるそうです。

2週間後いよいよパスポートの受け取り、家族総出で市役所を訪れ、出来上がったパスポートに間違いがないか一つ一つ確認した後、無事に受け取ることができました。

受け取ったときは感動しましたよ。

スポンサーリンク