今日から長女が市の主催する夏休みサマーキャンプに出かけました。

 

4泊5日のサマーキャンプでは、宮古島内の小学4年生~中学1年生まで参加することができ、小学4年生である長女は今年初めての参加です。
同じ学校の友達も数名参加するようですが、ほかの学校の生徒も一緒に何かをするというのは長女にとって初めての経験になります。

昨日の夜は期待と不安が入り混じっているようで、旅行バッグに荷物を詰め込みながら少し興奮気味のご様子でした。
私も人見知りするタイプですので、初めての人たちの中に入っていくのはとても緊張します。
長女の気持ちがわかるような気がして、心の中で頑張れよと叫んでいました。

 

サマーキャンプでは様々なイベントが待っています。
みんなで料理を一緒に作ったり、カヤックを漕いだり、26㎞の強歩なるものも用意されています。
26㎞って・・・。結構な距離ですよね。
親としては最後までちゃんと歩けるのかと心配になります。

 

今日の朝になり仕事に出かける前、少し緊張気味の長女に私は声を掛けました。

私「いっぱい楽しんでおいで。きっと楽しいよ。あんまり頑張らなくていいから思いっきり楽しんだらいいよ。」

長女「オッケー!いってらっしゃい。」

元気のいい返事が返ってきて安心しました。

 

私がこの記事を書いている今頃はもう寝ているでしょうか。

長女はきっとこの5日間で、新しい経験を積み、新しい友達を作り大きく成長して帰ってくるだろうと思います。
自分の人生の中で、心に残る出来事になるのは間違いないでしょう。

子供の成長を見るのはとても楽しいものです。キャンプが終わった後に、「楽しかった」と長女から聞けたらそれはそれはうれしいだろうと思います。

 

長女には、風邪をひかずに元気に楽しんできてほしいと願うばかりです。

スポンサーリンク