8月に契約してきた海外積立ですが、今月に入ってその投資先からの書類が続々と届いています。

日本語では書かれていないためそのままでは意味が分からないのですが、翻訳ソフトなどを利用してなんとか理解しています。

 

海外積立投資先から届いた書類
次々に書類が届く。

 

どうやら保険証券の他には投資しているファンドのポートフォリオ、サイトの案内などのようです。

海外積立は契約すれば終わりってわけではないですからね。むしろ始まりなわけです。数十年の長期の付き合いになるわけですから、英語を嫌がらずに書類もしっかり読み込んで理解していかなければいけないと思いますね。

おそらくこれから先もどんどん書類は送られてくると思います。もっと英語も勉強しなきゃいけないですね(笑)

 

投資は自己責任が当たり前ですから、契約した後ももちろん自己責任なわけです。

長期の投資の中ではかならず投資先とやり取りしなければいけない状況が出てくると思います。

例えば住所変更したとか、電話番号が変わったとか、パスポートの期限が切れるとか、そういった場合には連絡する必要が出てきますよね。

サポート窓口はあることはあるのですが、自分で理解しておくことは大切です。

そういうことも頭に入れながら細かいことも自分で調べていくことが大切ですね。

スポンサーリンク