冬はサトウキビの収穫時期です。

 

サトウキビは冷え込むほど糖度が高くなるといわれています。

 

収穫作業は重労働なので私は正直いうと嫌いなんです…。

サトウキビ畑

 

実家でサトウキビを育てていますので、毎年この時期は収穫作業を行います。

昨日も行って来ました。

 

どうせならブログに書いてしまおうと思ったので、簡単に書いてみます。

 

 

収穫作業は様々な行程に分かれています。

昨日はサトウキビの葉を落とす作業を行いました。

 

サトウキビはてっぺんに緑色の葉が付いており、背が伸びるにつれて新しい緑の葉が出て来ます。

枯葉のついたサトウキビ

 

 

そして古い葉は枯葉となって茎にくっついています。

これを二股に分かれた鎌を使って落としていきます。

専用の窯で枯葉をそぎ落としていく

 

 

枯葉を落とした後はこんな感じになります。

 

枯葉をそぎ落としたサトウキビ

 

これを大量に、ひたすらやっていきます。

 

延々と・・・黙々と・・・

 

そのうち無の境地に入っていきます(笑)

 

 

 

一通り終わりました。

枯葉を落としたたくさんのサトウキビ

 

とりあえず今日の作業はここまでです。

この後は緑の葉っぱ部分を切り落としていく作業になります。それは次に行うことにしました。

 

出荷までにはほかにも作業が続いていきますが、まだまだ先は長いです…。

 

スポンサーリンク