何かをする、生きていくなかで、どうしても浮き沈みって出てくるんだなって感じます。

絶好調な時は、自分は何でもできるって思えて、ちっちゃな事は気にしないしポジティブ!パワーがみなぎってくる感じで活動的になれるし、うまくいってるなって感じられます。
ただ、どうしてもスランプみたいなのが定期的にやってきます。何かに取り組んでもはかどらなかったり、気分が乗らなかったり、思い切って行動してもなんだか空回りしてるようでついあせってしまったり…
いい時、悪い時の波が交互に押し寄せて来ます。必ずジグザグに流れていくイメージです。
でも今は、いい時も悪い時も両方受け入れられるようになってきました。

「いい時」を感じられるのも悪いがあるからこそなんです。ずっといい時だけだったら、それが「いい」のかどうかもわからないですよね。比べるものがないですから。
以前はうまくいかない時はいちいち落ち込んでしまっていました。そして自分を責めていたんです。なんでうまく出来ないんだ…。自分はダメだな…。とか考えていました。
でも、悪い時があるからこそいい時を感じられるということを知って、落ち込まないようになってきました。

あ、今はこういう時期なんだなって考えるようになってきたんです。そうするとだいぶ楽になりますね。

もちろん、絶好調な時と比べると気分は乗ってないですが、いちいち自分を責めて深みにはまっていくような事は無くなってきました。意識的にいい事に目を向けたり、思い切って何もしない(休む)でみたり、あえてくだらないことをやってみたりと…。

スランプを乗り切るためのポジティブな行動とでも言っておきましょうか。

そうしていると、人との会話だったり、なんとなく読んだ文章だったり、ふとしたところからヒントが見つかったりするものですね。

昨日それを感じたところです。

ちょっと試してみたいことが出てきたので、今日から楽しみになってきました。

お?

この「楽しみ」な感じは絶好調の始まりかな!?
ジグザグな時間を楽しみたいと思います!

スポンサーリンク