この前休みの日に、入ったことのないお店に行きました。
1年前にできたハンバーガー屋さんです。
私は初めてのお店に入るときはとても緊張してしまいます。
ドキドキしながらもハンバーガーは美味しく、とても良い感じのお店でした。

 

この新しい場に行くときに緊張してしまうことを何気なく考えていると、あることに気づきました。

 

例えば、新しい場所に行くことになった時、仕事で行く場合とプライベートで行く場合の気分が違っているなと感じました。
当たり前かもしれませんが・・

私の場合、仕事で行くとあまり緊張せずに話をすることが出来ます。
逆にプライベートだと、自らすすんで話すことはあまりありませんし、話そうとすると緊張してしまいます。
この違いは何なのか。
考えてみました。

 

たぶんこういうことだろうと・・・。

仕事で出かけるときは、無意識のうちに職場という後ろ盾があることに安心感を覚え、とくに緊張することなく自ら積極的に対応しているのだろうと。

それがプライベートになると後ろ盾が無くなり、自身のなさから緊張してしまうのではないか。
私は知らず知らずのうちに、心の中は職場に依存してしまっていたのです。
守られている状況のなかでの安心感に満足していたんですね。
この事に気づいて、なんだかもやもやしていたものがすっきりしました。

 

これからも多くの場面ででてくるであろうこの依存心に気づくことで、しっかりと“自立”した考えを持つよう切り替えていこうと思っています。

スポンサーリンク